顧問契約について

当事務所は、経営者と法人の皆さまに中小企業診断士と弁護士の顧問契約をお勧めしております。顧問契約の費用は、顧問契約プラン内容をご覧ください。

Q 顧問契約ってメリットはあるの?何をしてくれるの?
A 多くのメリットがあります。法律・事業の両面で経営者を支えます。

 法律家は、ともすればルール違反かどうかに目が行きがちで、できない理由を探してしまうことがあります。しかし、ビジネスはできない理由がわかっただけでは前に進みません。法律家として、法律問題の指摘や契約書のチェックをするのは当然です。当事務所では、さらに一歩進んで、ではどうすれば売上が上がるのか、経費をどのように削減するかなど事業全般のお悩みについても解決策を提案します。
 弁護士費用の面でも、顧問割引がありますので、個別の案件が発生した場合でもお手軽にサービスをご利用いただけます。
 経営に関するお困りごとを解決し、経営者の方を全力でサポートします。
Q 法律面でどのようなサポートをしてくれるの?
A 契約書の作成・チェックが主なサポートです。いつでも気軽に相談できるメリットがあります。

 法律面で一番重要なことは契約書の作成とチェックです。契約書は紛争を未然に防ぎます。また、紛争になったときは自社に有利な内容にしておかなければなりません。裁判においても契約書の証拠価値は極めて高く、契約書の内容と違うことを主張するのは大変難しいのです。
 他に、労務管理や債権回収なども弁護士の主な仕事です。早いうちに弁護士に相談しておくことで自社に有利な結果を導きます。
 他にもいろいろな法律面でのサポートはありますが、顧問契約のメリットは何よりどのようなリスクがあるのか、どのようなメリットがあるのかを気軽に相談できることです。
Q 事業面でどのようなサポートをしてくれるの?
A 問題点の発見とその対応策について継続的なサポートを受けることができます。

 事業がうまくいかなくなったとき、原因が必ずあります。まずはその原因を見つけ出すことが必要ですが、経営者の方が一人でこれをするのは、なかなか難しいといえます。中小企業診断士として経営のプロの目線で問題点を発見し対応策を経営者の方とともに考え実行します。
 そして、問題点から目を背けず対策を取り続けることもとても重要です。対応策は、1回だけで終わらず継続して行うことに意味があります。顧問契約をしていただくことで当職が経営の伴走者としてときに厳しく、励ましサポートを続けます。