中小企業診断士について

私は、中小企業診断士としても活動しています。
中小企業診断士という資格はみなさんご存知でしょうか?
巷の取りたい資格ランキングでは、1位になっているようです。
このように、認知度は上がってきているようですが、まだまだ知らない人が多いと思います。

私は、高校生のときも文系クラス、
大学も文系で、ややこしい数式を見るとアレルギーを起こすタイプでした。
弁護士に登録したばっかりのころは、会計の知識もなく、決算書とは何ぞやというレベルでした。

しかし、弁護士も経営や会計について知らないと適切なアドバイスができないと考え、
一念発起して、中小企業診断士の勉強をすることにしました。

平成27年度では、1回の受験で1次試験、2次試験ともに合格する「ストレート合格」の可能性は、
1次試験合格率:22.4% × 2次試験合格率:17.8% = 3.9% という結果で、
合格率で見ると難易度の高い試験です。

私は、ホームページの冒頭にもあるように、生まれも育ちを滋賀県で、滋賀県が好きです。
中小企業が活力を持つことで、滋賀県で暮らす方々の元気につながるのではないかと考え、中小企業診断士の資格を取りました。

中小企業診断士の資格を取って本当に良かったです。
弁護士の業務にも診断士の知識が役立ちますし、
弁護士だけでは会えなったであろう方々にも出会うことが出来ました。
また、診断士の仕事をすることで、弁護士の仕事を客観的に見ることができるようになったと思います。

このように、診断士としても活動していますので、経営面についてのお困りごとがあればご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)