契約書だけではダメです

個人間でお金の貸し借りをしたときに、
親しい間柄であれば、契約書を作らないことも多いですが、
金額が大きいときなどは、契約書を作るときもあります。
このとき、「金銭消費貸借契約書」といった見本書式を使うことが多いです。

ですが、お金を返してもらう裁判をするとき、
この金銭消費貸借契約書だけでは、証拠として不十分です。

もう一つ、必要な証拠としては、
お金を相手に交付したことを証明する書類が必要です。
例えば、現金を手渡したときは、その領収書、
振込のときは、振込明細書などです。

理由については、説明が長くなるので、
またの機会にしたいと思います。

お金を貸したときは、契約書だけではなく、
領収書や振込明細書を作成して必ず保管しておいてください。

ただし、その他の証拠によって証明することや、
民事裁判では、相手が認めた事実は証明する必要がない「自白」という
制度があるの証拠がないからといって、裁判を諦める必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)