事業者の廃業・清算を支援する手法としての特定調停スキーム利用

中小事業者の再生だけでなく円滑な廃業・清算のニーズが高まっていることを受けて、日本弁護士連合会が最高裁判所等の関係機関と協議し、新たに廃業支援型の特定調停スキームの手引き書を策定しました。

廃業支援型の特定調停スキームは、特定調停手続の活用により、事業の継続が困難で金融機関に過大な債務を負っている事業者について、経営者保証に関するガイドラインの適用により保証債務を処理することも含めて、債務免除を含めた債務の抜本的な整理を行い、かかる事業者を円滑に廃業・清算させて、経営者や保証人の再起支援等を図る制度です。

これまで、再生型の特定調停スキームは実施されていましたが、廃業支援にも拡大した形です。

このスキームを利用できれば、経営者の保証債務について、債務免除を含めた債務の整理が可能となります。

当事務所では、事業者の再生・廃業支援に力を入れています。まずは、お気軽にお問い合わせください。