親指シフト

今日は、法律とは関係のないお話です。

日頃パソコンのキーボードを使って文章入力をすることはありますでしょうか?弁護士の仕事のほとんどが、文章を作ることといっても過言ではありません。

さて、富士通が開発した、かな入力システム「親指シフト」をご存知ですか?ローマ字ではなく、「あいうえお」などの仮名を直接入力することができる方法です。

ローマ字入力で、例えば「さ」を入力する場合、「S」と「A」の二回キーボードを押す必要がありますが、親指シフトは、1回の打鍵だけで済みます。

配列を覚えたりする必要があるので、習得までには結構な練習が必要です。

私は、親指シフトを始めて約1年経ちますが、速度はローマ字入力より少し速い程度には上達したと思います。達人になると、しゃべるようにタイピングすることができるらしいです(私はまだその領域には到達していません)。

ただし、ノートパソコンだと打ちづらい、両手を使って同時打鍵する必要があるので片手だけで打てない、といったデメリットはあります。

ご興味のある方は、「親指シフト」で検索すれは、たくさん情報が出てきますので、トライしてみてはいかがでしょうか?