社長が引退するとき~社長の孤独~

おかげさまで、あっちへバタバタ、こっちへバタバタとせわしなく動いており、ブログの更新がなかなかできていません。

今回は、最近相談を受けた案件から、「社長の引退」というテーマで書いてみたいと思います。

この仕事をしていると、中小企業の社長さんの話をよく聞きます。

私は、中小企業診断士の仕事もしているので、法律問題だけでなく、売上アップから経費削減といった経営全般のお話もよく聞きます。

社長さんの話を聞いていて総じて思うことは、社長は孤独だなーということです。

松下幸之助は、成功の秘訣は何かと聞かれて、

「学歴がないこと」、「身体が弱かったこと」、「貧しい家庭に育ったこと」

と答えたそうです。その意味は、知らないことや自分にできないことは、

従業員をはじめ他の人に素直に聞いたり仕事を任せたりして、衆知を集めることができたから、ということのようです。

社長業というのは、ややもすると、“自分一人が頑張らないといけない”となりがちです。

従業員もそうですが、会社の外の人に対しても、相談をためらうことが多いようです。

ですが、社長一人の力は、たかだかしれているもの(失礼!)。

社長が引退するときとは、まさに、今まで負ってきた責任を後継者にすべて任せるというときです。

むしろ、社長だからこそ、他の人に聞く、任せるということが大事なのかもしれませんね。

具体的な社長引退についての法律問題、経営問題については、次回以降、お話したいと思います。