一般民事事件の算定基準

経済的利益の額 着手金
報酬金
300万円以下の場合 経済的利益の8% 経済的利益の16%
300万円を超え,3000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え,3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

※最低着手金額は10万円となります。

 例)請求金額200万円,実際に支払いを受けた金額が150万円だった場合
    → 200万円の8%  = 16万円(税別) が着手金となり,
      150万円の16% = 24万円(税別) が報酬金となります。